【終活】捨てやすい布製収納と段ボール収納

こんにちは。

オタクを卒業したくないもちづき(@omochinobook)です。

20代から終活を始めるにはどんな収納が良いか考えてみました。

目的

最期の時に、家族が自分の物の処分に困らないようにしたい。

目次

クリアケース収納をやめてほぼ段ボール収納に

ミニマリストになりたての頃はクリアケースで収納していました。

グッズや書類などが美しく見えるし、物が「守られてます」と言っているようで(笑)

その辺のおもち

しかし、最小限でいい

そう考えた私は段ボールオタクになりました。

クリアケース収納のデメリット

  • 捨てる時、かさばる。
  • 終活に向いていない。
  • 中身によっては重くなる。

クリアケース収納のメリット

  • 中身が見えて物の把握がしやすい。
  • 虫がつきにくい。
もちづき

中身が見えて安心したい場合、見栄えを重視する場合にはクリアケースがおすすめですが、いつ捨ててもいい状態にするには段ボールがおすすめ。

私もミニマムな生活を送りたいだけだったら絶対クリアケースに収納します。

しかし終活中で、いつでも手放す時がきてもいいように準備したいので

段ボール収納という選択をしています。

段ボールのメリット

  • 終活に向いている。
  • 捨てやすい。
  • 捨ててもゴミにはならない。
  • 自然に還る。
  • 中身が見えないので他人の目が気にならない。

収納している物

段ボールに収納しているもの

  • 日用品
  • ストックしている食品
  • カタログ・書類・本
  • 文房具
  • 裁縫道具
  • ゲーム機
  • DVD・CD
  • あまり使わない充電器

布製の収納ボックスに入れているもの

段ボール収納では少し不安なものを布製の収納ボックスに入れています。

  • パソコンやタブレット
  • 通帳
  • 印鑑
  • 化粧ポーチ
  • ヘアアイロン
  • 充電器

処分した段ボール

段ボールは必須と書きましたが収納に使わずに捨てた段ボールもあります。

通販で購入したときに使われている段ボール

推しているロゴが入っていると捨てられないのがオタクというもの。

ミニマリストになる前はたくさん溜め込んでいましたが

グッズを減らすついでに処分しました。

捨てても気持ちが消えるわけではないので….。(ロゴ段ボール本当は置いておきたい)

家電製品の段ボール

一人暮らしを始めた頃は就職したら引っ越すだろうと思っていたので残していましたが

実家暮らしの今は必要ないので処分しました。

売る時は便利そうですが、『今』必要かどうかで判断した方がいいです。

家電は壊れるまで使うがマイルールです

まとめ

ミニマリストと終活を両立するには布製の収納と段ボール収納がおすすめ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(20代女性)へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次